スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

C4攻略日記(10/25)

Kushanarです。

Wormholeに帰ってまったり攻略しております。帰ったら帰ったで先輩、ベテランを差し置いて陣頭指揮をとらせていただいてたりして余暇を過ごおります。でしゃばらずおとなしくしておくべきなんですがネ。

おととい(月)はClass5いって、昨日(火)はClass4いって@計160Mくらい。
ちらっと全員分合わせたらいくらくらいかなーと見てみますと、2回で2Bだって(゜ω゜)
必ずLogiがいるのでBSなら気持ちいいくらいのDPS Fitを考えることができ、それはそれで楽しいです。黒アポとか。


さて、R社ベテラン勢の面々と今週末、来週末のPvPの予定がポンポン決まっておりまして。
PvP活動に対する大方針も調整次第では大幅に自由度を増すことができそう。ONI社としてもこれを機に外交の幅を広げ活発にPvP活動ができるのではないか、と期待に胸をふくらませております。SSがマイナスにならない程度にNBSIできれば、もっといろいろ楽しめそう。

週末は中規模艦隊(10〜15名)になりそうですが、小規模艦隊(3〜4名)でウロウロするのも楽しそう。NBSIならこっちから喰いに行けばいいわけで、よく訓練されたメンバーとNanoFitで挑めば、喰って逃げる、損害0みたいなそれなりに楽しい戦闘が期待できるのではないかと妄想します。いたいけなミッションランナーを喰うことになるかもしれませんが、Lowに来ている以上覚悟の上であるということ、戦闘艦に乗ってるってことでいいんじゃないか・・・まぁWormholeでの戦闘なんて海賊さん以上にひどいことをしているので、Lowだからって変にやさしくする必要あるのかなーって最近思います。



(勝手に自分でインタビューのコーナーです)


― なぜPvPなのか。
自分にとってEVE onlineやる意味がそこにあるから。互いに苦労してかき集めたISKを己の存在意義のために豪華絢爛に撒き散らす様は何よりも雄々しい。そして、そのスリルを、勝利の喜びを、敗北の悔しさを仲間と共有することがこのゲームの醍醐味だと思っています。
コレ共有できる人がこの宇宙にたくさんいることを願って、今週末もぶっ殺してまいります。


良いWormhole悪いWormhole

Kushanarです。


  広告



昨日もアウェイのWormholeにお出かけ。Class2、4人でやって@35M。
POSが1個しか建っておらず、High固定穴、C4固定穴っぽく、
惑星もそれなりにそろっておりPIでもうまうまできそうな雰囲気。
「POS折ろうぜ折ろうぜ」などと冗談を言うだけ言って眠くなったので撤退(笑)

玉に傷は、C4固定穴の寿命が24時間だったこと。
24時間だと毎日攻略に行きづらい。

1日目 昨日の穴が消えてない→少し待つ→消える→探索→攻略
2日目 昨日の穴が消えてない→少し待つ→消える→探索→攻略
3日目 昨日の穴が消えてない→少し待つ→消える→探索→攻略

「少し待つ」ってのがどんどんアクト時間を圧迫していきますからね。

さて、新人研修終わって、Homeに帰ります。
やっぱHomeあるといいですね。

見つからないかもしれないものを探すよりは
必ず見つかるものを探すほうが精神的に楽です。

メンバーに儲けてほしいですしね。
交易なんかは儲かるだろうけど、人によってはハードルが高いから
攻略やPIで儲けていただきつつ、PvP してもらうってのが
なんだかんだいってやっぱり、現状一番合ってる気がしました。

帰ったら帰ったでFalcon、Scorpion対策の艦隊戦練習したく。
週末は週末でLowSecにお出かけするから、そのための下見もしておかねば。
あーいそがしい、いそがしい。


そうそう、
Scorpion対策はScorpionでジャムり返すしかないそうで。
「目には目を、歯には歯を。」DPS圏内ならプライマリーかな。
Scorpionのためだけにスナイプ艦ばっかりにするわけにもいかんし。


P.S.
穴の評価してると、なんかエロいなぁと思うのは私だけでしょうか。

詳説 Wormhole(1)

 誰得?記事。


Wormholeの意味

Wormholeという言葉は、EVE世界において一般的に「Wormholeでつ ながったシステム」を指しているが、正確に表現するのであればそれは「Wormhole Space=W-Space」と呼ばれる。W-Spaceとつながった既知宇宙、我々がHighSec、LowSec、NullSecと呼んでいるシステ ムの集合体は、「Known Space=K-Space」と呼ばれている。WormholeとはW-SpaceとK-Spaceをつなぐ唯一のジャンプポイントとして機能している 「穴」を指す。
よってW-Spaceに住まうWormhole住人は、決して細長い肉食獣の腸のような穴倉で生活しているわけではなく、High、Low、Nullなどの通常と変わらないのシステムで生活している。
EVE 一般世界(筆者が見聞きしてきた範囲)では、W-Spaceに相当するものをWormhole、WH(発音:わむほ)と呼んでいる。またWormhole に相当するものは単に「穴」と呼ばれることが多い。ただし、本記事においては上記で述べた本来の意味を持つ名称で統一する。


Wormhole(穴)

W-Spaceへのアクセスポイントは Wormhole のみとなる。ジャンプゲートは存在しない。
Wormhole はプローブによるスキャンのみで発見される。WormholeはK-SpaceとW-Spaceをつなげたり、W-SpaceとW-Spaceをつなげて いたりする。その種類は複数存在し、固定のシステムにつながることはなくその接続先はある程度決まっているものの常にランダムである。

Wormholeは4つのパラ メータ値の違いで名称が付与されており、OverView上やShow Infoで確認が可能である。4つのパラメータとは、\楝垣茵Target)、⊆命(Lifetime)、1Jumpあたりの最大通過重量(Max Mass/jump)、ず蚤臘眠畚杜漫Max Mass)である。これらのパラメータは外部サイトとShow Info等で確認できる名称を紐付ることでしか確認できない。
接続先(Target):各Wormhole接続先はHigh、Low、Null、W-Space(Class)の大別され、それぞれに該当するいづれか のシステムにランダムに接続される。つまり、High、Low、Null、W-Space(Class)のいづれかに接続されるかはWromhole名称 で判別可能ということである。
⊆命(Lifetime):timeはWormeholeが生成された瞬間から発生する時間的寿命である。寿命に達するとWormholeは消滅する。残された寿命の長さについてはShow Infoである程度、確認可能。
1Jumpあたりの最大通過重量(Max Mass/jump):文字通り。これをオーバーする艦船は通過できない。
ず蚤臘眠甓椎十杜漫Max Mass):最大通過可能重量をオーバーすると、Wormholeは消滅する。残された通過可能重量はShow Infoである程度、確認可能。

Wormholeの名称と4つのパラメータの関係
残寿命/重量確認方法

各 W-Spaceには固定Wormholeが存在し、常に同一名称のWormholeがプローブスキャンによって発見できる。この固定Wormhole種別 如何によってそのW-Spaceの価値、定住するに値するかどうか、の判断材料となる。寿命の長さもWormhole運営・維持において重要。通過可能重 量は、後述するPOS燃料の搬入や防衛艦船の搬入、PI品の搬出において重要なファクターとなる。またWormholeの最大通過可能重量から逆算して、 重い質量を通過させることで、強制的に消滅させる「穴潰し」なる荒技を用い、商都近くへわざと「穴を開ける」行為もさかんに行われている。K-Space とK-SpaceをつなげるWormholeも存在する。

Wormholeへのジャンプ可能距離は中心から5,000mである。ジャンプ 後はクローク状態でスタートしクローク状態は1分間続く。また、30秒間(?)はセッションチェンジタイマーが発生しWormholeをくぐる(ジャン プ)ことができない。よってWormholeをくぐり、W-Space内に侵入する場合、安全を期してセッションチェンジタイマーが切れるのを待つことが 玄人への第一歩となる。また、同一Wormholeに出入り(計2回ジャンプ)した場合、5分のセッションチェンジタイマーが発生する。
Wormhole をくぐった際のジャンプアウト距離はWormholeから5,000m以内であるが、稀に5,000m以上となる場合がある。これは筆者の経験則上、その WormholeがDT(ダウンタイム=日本時間20:00〜20:30のメンテ)前に発見されたものであることが多い。BSで5,000m以上にジャン プアウトした場合にHID等によるバブル展開されるとセッションチェンジタイマー終了後、即アウトできない危険があるので注意が必要。
またWormholeの通過の際、非常に大きな音(ボワーン、ブワーン)が発生するため、Wormholeを監視する場合も常にそのWormholeを凝視する必要はない。


W-Space(システム)

筆 者はふと疑問に思ったことがある。なぜW-Space内においてもたくさんの星がまたたいているのか。Wormholeで接続されるこのW-Spaceは 漆黒の闇に包まれてしかるべきではないか。この疑問は非常に簡潔な答えによって解消された。W-SpaceはEVE宇宙のどこかにある1つのシステムであ り、未だジャンプゲートが設置されていない未知の領域なのだと。

W-Spaceはアステロイドベルトもなければ、ステーションもない。セ キュリティステータス(以下、SS)は-1.0を指す。あるのは太陽と惑星と月。それから探索によって発見されるアステロイドベルト、ガスサイト、簡易サ イト(anomaly)、RadarサイトとMagnateサイト、そしてWormholeのみである。
出入りはWormholeのみ。ジャンプドライブによる侵入、ジャンプブリッジによる侵入も不可。ジャンプクローンも設置不可。その不便さのために定住に挫折してしまう人が少なからずいる。
ローカルチャネル(LocalChannel)ではそこで発言しないかぎり表示されることはなく、安全の確認にはダイレクトスキャン(d-scan)を使用するか、コンバットプローブを投げるしかない。
SS- 1.0のため戦闘によるKILL、POD KILLにおよんでもキャラクターのSSが下がることはない。また、W-SpaceはSOV(統治権)が発生しないため、SCV、Titanの建造は不 可。CarriarはWormholeから搬入する、または部品を搬入して個別に組み立てる方法が用いられ、W-Space防衛の主力艦として鎮座ましまし ていることが多い。
また、「POS」と呼ばれる設備を月に建造可能で、「POS」は「燃料」を入れることで艦船と同様Power GridとCPUを供給できるようになり、それを消費して、定住するための各種設備を設置できるようになる。簡易サイトはスリーパーと呼ばれる古代文明の 守護者(?)がおり、彼らを打倒すとその残骸からT3艦の材料や発明に必要な研究データが手に入る。EVE市場において、これらは非常に高値で取引されて おり、その儲けは莫大なものとなる。前述した制限事項があるにもかかわらず、一部の冒険者精神に富んだカプセルパイロットはW-Spaceへの夢を見るの はこのためである。
W-SpaceにはClassと呼ばれる難易度を示すものがあり、Class1からClass6まで存在する。 Class1〜2のW-Spaceは主にHighへの固定Wormholeを持っており、上位へ行くほど固定Wormholeは、LOW、NULLなどの 危険なSSのシステムへ接続されるものとなる。また、そもそもK-Spaceへの固定Wormholeを持たないものW-Spaceも数多く存在する。
W-Spaceには船体に及ぼす固有のエフェクト効果がある。ダメージ量が増えたり、MAXスピードがアップしたりする。これはW-Space内に存在する天体が影響している。もちろんそいうったエフェクトを持たないW-Spaceも存在する。DotlanでW-Spaceのシステム番号を検索すればそのエフェクト効果はすぐにわかるし、本家Wikiに もその記載がある。筆者が目にした最もむごいエフェクトはClass5の「Damage multiplier multiplier +85%」、ダメージが85%増量するというものだ。この場合、こちらがスリーパーに与えるダメージが85%増加するが、受けるダメージも85%増加する ため、ワンボレーで相当なダメージ量を受け、リペア間に合わず撃破されてしまうという想像がなされる。この条件を逆手にとればECMガン積みの Scorpionの導入によって、そもそも攻撃を受けず、安全にかつスリーパー掃討時間が短縮できるのではないか、とも想像できる。
これらW- Spaceの様々な条件によって養える人数が決定しており、その人数は運用の工夫によって上限を引き上げることができる。0.0SecのようなEVE仕様 によるシステムのアップグレードは行えないが、住む人々のやる気と知恵が収益を増大させよりよい環境を構築していく手段となっている。

次回「W-Space維持・運営」
C5攻略日記(8月17日)

昨日初めて自らJP-CHで広告を出してみました。午前2時過ぎなので誰もいなかったようです。自分のBIOは日本語にするとドン引きな内容です。広告を出した後で気づきました。完全に新人採用に失敗している零細企業ONI IndustryのCEO Kushanarです。


  当Womeholeの医療体制は万全です。


はい、昨日はClass5のWormholeへ行ってきました。
初めていったのにSSを撮っていません。すみません。

Class5は、Class4より儲かりました。

編制
Abaddon(← Kushanar座乗艦)
Kronos
Raven
Typhoon Navy
Myrmidon
Tengu
Tengu
Tengu
Absolution
Damnation(コマンドシップ)
Proteus (サルベ)
Gardian (Logi5)
Gardian (Logi5)
Scimitar
Scimitar


C5でかつ、RavenがいるためScimitar×2体制。
さらにエフェクトは確かシールド弱体、アーマー強化ボーナス。
逆境の中でもあえて、みんなが行ける状況を作り出せるのがSHFクオリティ。

スリーパーBS最大5隻同時POPでしたが特に問題なく平常通りの攻略でした。
さすがに最初は緊張しており、ボイチャも静かでしたが、慣れてしまえばこちらのもの。

ただ、トリガーを間違えるととんでもないことになるはずなので注意が必要。
最もハードなアノマリでトリガー間違えるとBSが最大7隻POPしてたぶん死ねます。

あ、そうそう。攻略中はmumbleというボイチャを使っており、楽しくだべりながらやってます。

攻略にキャリアを投入すると、最初にWave1でBS×6、Wave2でBS×8がPOPし、その後、通常のアノマリと同様のPOPになるようで、わざとキャリアを入れて荒稼ぎ、という手段も可能なようですが、Wormholeのmassの関係でC5に定住しない限りは不可能っぽい。

これだけ人数いて2h、@120Mらしい。
フル装備Armageddon1隻買えちゃうね。アハハハ。
次から積極的にC5に行くことにしましょ。
C4攻略日記(8/16)&LOWSecスカウト

Kushanarです。
久々に攻略の日記でも。


  Left:New EVE Player,  Right:Kushanar


C4攻略は絶賛実施中。
昨日は久々にDPSアバドンで出撃。FC兼タグ付け(スリーパー倒す順序を決める。最低限トリガーさえ覚えてれば大丈夫)

編成
Abaddon(← Kushanar座乗艦)
Kronos
Megathron(← メンバー)
Typhoon Navy(← メンバー
Myrmidon(← メンバー
Tengu
Tengu(← メンバー
Tengu
Proteus (← Happyさん座乗艦)
Gardian
Gardian
Scimitar

12人のうち6人がメンバー!
攻略のためのロールも私とHappyさんがT3艦でサルベージできるようになり、Gardian乗れる方1名おられと、層が厚くなってきております。スカウトも積極的な姿勢でやっていただいておりとても助かります。

これだけロールがそろってりゃ、C5にいけるんだけど穴がなかった!@75〜80Mほど。


世間ではNULLSecの話題でかまびすしいですが、LOWSecの話題。
現LOWSecの前線基地はとてもLOWSecとは思えないほど安全です。
海賊さんがほとんどいらっしゃいません。誰かいてもみんなブルー。
これはこれで、Anti-Pirates企業の皆さまの活動のたまものなので
感謝の念は堪えませんが、いかんせん、頻繁にPvPできる環境とはいいがたい。

よって、この度、もうっちょっと危険なLOWSecを探してきました。

(中略)

ということで、手近なLOWSecを見つけましたので
今週末はスカウト兼ラッティングしに行く予定。

私の頭の中ではすっかりAnti-Pirates企業になっている弊社ですが
Wormhole活動も活発に行っておりますので金策にお困りの方、
アンチパイレーツといういばらの道を歩んでみたいドMな方、
公開チャネル「ONI-I」または「Kushanar」までご連絡ください。


WormholeじゃOrcaも落とすけどね。


C4攻略日記(7月27日)

クシャナです。 


  Tired Legion from salvage

昨日の攻略。
探索の結果、アノーマリーが10個ほど、Raderが1個みつかりましたのでこれは期待大。

メインメンバー不在のためロール的にかなり厳しい状況ではありましたが、サルベスキルLv4になった私がLegionで出撃準備。(初)

Gardian搭乗のH氏のロジスキルがLv4ということもあり慎重な編成を皆で模索した結果、

LattleSnake、Dominixから、Gardianに対し1本づつの送電(計2本送電)
Gardianからは、LattleSnake、Dominixに対して1本づつの送電

アーマー艦へのリペアはGardian
シールド艦へのリペアはLattleSnake
GardianへのアーマーリペアはLattleSnake&Dominix



という編成で行こうということになりまして、とりあえず実験をしてみたところ、キャプはDominixがリモートアーマーリペアを回し続けない限りステイブルだったので、実験的実戦投入が可能であることが判明。

とかぐだぐだやってるところへ、ロジLv5のGardianが登場。神様ありがとう。

ということで、Dominixはタレットフィットに換装し、C4へ突入。


探索したときは、POSあり、ACTなしを確認していましたがいざ侵入してみるとプローブが浮いている状況。Buzzが1機ダイレクトスキャンに表示され、ACTは1名と推測。

・POS住人のメインタイムではない
・Y氏がBuzzでPOS監視してくれる
・C4からはC3につながる固定穴

ということで、危険は限りなく回避可能と判断し、攻略実施。

1サイト目攻略中にPOS住人からConvが飛んでくるがサルベに忙しい&英語読むの時間かかるんで無視。
我らがHappy氏が対応してくれました。

POS住人>ここはおれたちのC4じゃないんだYO。おれたちも間借りしてるんだYO。
Happy氏>そうなのでございますね。
POS住人>だからあんまり攻略しないでほしいんだYO。

(メンバーで協議中)

Happy氏>わかりました、5個残して撤退いたしますね。
POS住人>話がわかるやつで助かるYO。C4攻略ってのはDrake2機でも、云々。



と彼の話は続くわけですが、Happy氏は話半分に聞き流す。
返答がないので彼はログアウトしてしまいました。

4サイトほどやって、突如ログアウトしてしまう方が数名おられたのでEVEサーバが本格的にトラブル前に撤退の判断。

結果的に我々は約束を守りました。
もう2度と会うことはないであろう企業に対して、信義に厚いSHFという名誉を手に入れたわけでございます。

サルベルートも大体わかってきたので攻略完了と同時にサルベ完了となるように精進あるのみ。


編成
Abaddon
Dominix
Typhoon Navy
LattleSnake
Myrmidon
Tengu
Legion (← クシャナ座乗艦)
Gardian (ロジLv5)
Gardian (ロジLv4)
Buzzerd (POS監視)










新入社員(7/23、7/25付)/ C4攻略日記(7月25日)

クシャナです。

the Guristas Pirates
  the Guristas Pirates

Web関係の仕事をしておりましたが、最近はシステム投資の必要な、業務効率UP機能やら、販促ツール(Webやらなんやらかんやら)やらの、業務要件定義をやっておりまして、Web Onlyという訳ではないんですが、「クシャナさん、EVEでもWebったらいいよっ!」ということを言われてしまったので、Altは、Rapierにでも載せる予定でございます。

さて、新入社員様が、2名ご入社されました。
私より断然知識、経験ともに豊富な面々ですので、大きな戦力なってくれること、期待大です。お一方は元海賊、PvP経験豊富。もうお一方はWormhole運用経験者。人が増えればいろんなチャレンジができるというもの。(新居さがしたり、好きなときにLowで海賊退治したり)もちろん、企業とは営利団体ですから収益最大限となる見積もりができてからの事業拡大となりますがね!

あとは、近い将来、Lowでの作戦行動に使用する艦船は支給品として、KILL数に応じて報奨金出すようにしたいなぁと考えています。Zealotを購入したら、当分の間低燃費生活ですな。


さて攻略のほう。

Abaddon
LattleSnake
Tengu
Tengu
Proteus
Ishtar
Gardian
Gardian
Simitar
Drake

てな感じでDPSの高い戦艦枠があまり気味。BS乗りがほしいところですな。
6〜7サイト、一人70Mほど。



C4攻略日記(7月11日)

 クシャナです。

昨日はC4探索&FCさせてもらったんですが、
イレギュラーな事態に対応できず、私の采配ミスで
ガーディを1機スリーパーに撃墜されてしまいました。

不測の事態にも冷静な判断を下すことがFCの役目。

スリーパーごときに味方を撃墜されるような采配では
PvPのFCは勤まらないのでより一層の精進が必要です。

6〜7人で@140Mくらいの収入だったのが救い。



さてさて、面白いことがありました。

POSの設定をいじっていたW氏。
あるPOSの利用権限をAlly→Cropに変更しようとしたところ
誤って、異なるの場所のPOSの利用権限の変更ボタンをポチっと。

するといきなり、W氏の目の前で、オルカが1機、スポーンと飛んで行きました。

飛距離は約400Km。

すごい、これは宇宙記録です。
W氏、日本人初のPOSオルカ飛ばし選手権、金メダル!

オルカの着地点には記念にセキュアカーゴがアンカーされたようです。

(共用オルカがAlly権限になっていたようです。これはしょうがない。)






とまぁ、Wormhole生活はいろいろあって楽しいですね・・・


C4攻略日記(6月27日)

  クシャナです。

なんだか業務日報的なブログになってますがあしからず。

・C4Wormholeは探索済みだったのでWormhole入って、アノマリを確認。
 (探索いただき、ありがとうございます)

・アノマリ数40個、ボーナスは「ブラックホール」であることを確認

・POS位置確認しようとするも、ベテランに先を越される
 (先輩、まじぱねぇっす状態)


通常アノマリは5〜10個程度なんですが、40個って普通ありえないんですよ。
たぶん、住人が工業系Cropらしく全部放置。
ボーナスが「ブラックホール」であることも影響してるんでしょうね。

で!

いつもなら我々もあきらめるんですが、一番効率よく儲かるといわれている
FrontierBarracksだけでも20個あるんですよ(笑いがとまりませんな)

ブラックホールのボーナスを日本語に翻訳すると
・艦船速度 +68%
・射程   −34%
他にもいろいろ。で射程が短いと大変なんですよ。
うちの編成は火力を戦艦に頼っているのでいくら速度があがったとしても
射程のマイナスボーナスはつらいんです。

なんで、Tipsを使います。(ベテランT氏に教わりました)

いつもならボードスキャンで探索して出てきたアノマリを
BMしていくんですが、今回は、アノマリサイトまで飛んで行って
構造物をBMして少しでも、射程短が苦にならないようにしたんです。

頭は使いようですね、ホント。



さて、POSが4基たっていて、Act2名がいるにもかかわらず攻略する我々。
舐めてますねー。
(実はこっちのActが多いのでキャリアが出てきても大丈夫なんです)

挙句の果てに「リーンフォースドメタルスクラップ」争奪戦まで始まる始末。
※スクラップは重い、安い、溶かしても量少ないの3拍子そろったゴミ
 ただ、塵も積もればなんとかで、集めればそれなりのお金になります。

サルベージLegionがおなかいっぱーい、といってジェットしたスクラップめがけて
全BC、CLが突っ込んでいきます。しかし、追いつきません。

なぜか。

Legionがトラクタービームで引っ張ってるんですね。
もう、大爆笑です。

舐めてますねー。人のおうちで。
(言い訳しようがありません)

そんなことをして遊んでいると、POSにいたActがプローブを投げ始め、
おおやばいやばい、帰りましょう、とそそくさと帰ったのでありました。


うん、なんだか、この日はみんなテンション高かったなあぁ。
普段はまじめなんですけどねー。


編成はBS4、Wガーデ、シミター、BC/T2CL多数


T氏は探索していただいたのに、PC不調により参加できず、
怒りのレイピアでC4Actを喰いにいかれたのでありました。

ではでは。
C4攻略日記(6月22日)&Incarna

 クシャナです。

Incarna 遂にリリースされましたね。詳細はGoogle先生に聞いてください。
個人的な感想を申し上げると 読み込み時間かかるし、ラグいし、居住区は歩けるとかどうでもいいので 早く人と人がステーション内で会うことができ味気ないチャットコミュニケーションではない”直接会って話す”ができると楽しさが増してよいなと思いました。また、服装や愛機の色塗りとか、どうで(ry EVEonline の世界観をさらに楽しむことができるでしょう。んで、タレットのグラフィックや動作、音もパワーアップされており、私とてもご機嫌でございました。

後ほど、Station内に入ったとき、居住区を表示させない(壁のみ表示)の方法を伝授いたしますね。


さて、昨日の攻略は期待の新人さん(なんと、アカ歴1か月!)が初参加!
スリーパーどもに落とされることなく無事攻略できました。ヨカッタ、ヨカッタ。
スーパー女子高生Xさんのシミターのおかげ。

Abaddon 砲艦 ← クシャナさん座乗艦
Dominix 砲艦
Kronos 砲艦
Vargur 砲艦 ・・・初登場!ミンタマのT2戦艦
Tengu この船おかしいでしょう。
Drake 対FG、CL
Legion サルベージ
Gardian Armar回復&送電2本
Gardian Armar回復&送電1本
Scimitar シールド回復&センサーブースト


@72Mくらいだったかな。

次回からボーナスも書いて、どういうボーナスのときにどういう編成がいいのか考えましょう。




先日の「POS防衛大作戦」については鋭意執筆中〜



EVE online Blog