スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

WH観測所Beta - 新機能 Bracket情報に色を付ける

たまにPvP動画を見ていると敵艦情報に色がついている方とかいらっしゃいますよね。
視認性向上か、はたまた単なるおしゃれか。

Hakata博士はこのことに着目し、簡単(?)に色が付けられるxmlファイルを吐き出すツールをリリースしました。下の図のように色が付きます。どの情報を何色にするかは自由に設定できます。
これはセンスが問われるところですね。

 
  色がついてるYO

みなさんもひとつ上のBraketを目指してみてはいかがでしょう。


ONI-I CHではこうした技術情報についてのお話も活発です。こないだはGoodさんがバグのお知らせに来てくれました。生産系でこういう情報もあると嬉しいんだけどーとか言うとHakata博士は喜んで作ってしまうかもしれませんね。


※Braketって日本語版だとなんなんでしょう、背景なのかな。

WH観測所 Betaのご紹介

 
弊社の Hakata nochio氏が開発している「WH観測所 Beta」のご紹介。
だれでも使える便利な機能がたくさんあるのでぜひ一度使ってみてください。

WH観測所とはありますが、WHの情報に閉じているわけではありません。



このWH観測所 Betaは様々な機能がありますが、もっとも便利なものが「Fit Importer」です。みなさんお使いのEFT(EVE Fitting Tool)とゲーム内のFit情報を手軽にインポート、エクスポートできるツールです。EVEゲーム内ブラウザで「Fit Importer」にアクセスし、クリップボードにコピーしたEFTテキスト形式のFitを貼り付けてSubmitボタンを押すだけでゲーム内のFit情報に変換されます。xml形式のファイルをエクスポートして所定のフォルダに入れて・・・とする必要がなくて本当に便利。ゲーム内で手軽にFit情報の共有ができます。詳しくは使い方を参照

エクスポートも簡単で、例えばCHでこんなフィットをがあるよって会話がされてるとします。

Kushanar > Ishkarならこんな感じ?

で、このCHのテキストを右クリックして「Copy」。「Fit Importer」へ貼り付けると、あら不思議、EFTのテキスト形式が出力されるので、それをコピーしてEFTにインポートするだけ。
アドバイスもらったFitも手軽にEFT上で自分のスキルに合わせて確認できるので後でやろう、って思ったこともすぐできます。



おそらくそのうち、公式EVEのJPフォーラムにご本人が投稿されることでしょう。
(されないかもしれませんw)



Hakata nochio氏のご紹介

老舗Corpの元Runners High所属で、ONI Industryが超極細もやしっ子のときに転職されてきました。転職当時から現在に至るまで、陰ひなたなくONI Industryを支えてくれているメンバーの一人です。人柄もとても穏やかで、どんな質問にもやさしく丁寧に答えてくれる紳士です。EVEのAPIに興味を持っておられ、WH観測所というご自身のサービスを無償で多くの人に利用していただき、少しでもEVEプレイヤー(特に言語の壁で情報弱者に陥りがちな日本人)に貢献できればという気概をお持ちです。(難しいことが簡単になればなるだけJPプレイヤーの人口が増え、その結果、EVEがもっと面白くなりますからね。)



APIを使ったツール開発等にご興味ある方はHakata nochio氏へ直接ご連絡いただくか、公開CH「ONI-I」にもいらっしゃるのでお声かけいただければと存じます。こういったEVEプレイヤー全体の利益になるツールは企業という枠を超えて公開され、開発者たちがフラットに議論しあえたらいいですね。



なお、「WH観測所 Beta」はHakata nochio氏の個人所有Webサイトであり、ONI Industryとは全く関係のない独立したサービスです。「WH観測所 Beta」で入力された情報がONI Industryで利用されることはありえないのでご安心ください。
(まぁ本来こういうサービスは事業会社とは別でやるべきなんだろうけど、そこは大目に見てください。)



(このブログもCCPの著作権にかかわる記載をちゃんとしないとだな・・・)

EVE online Blog