スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Nachoさんと交流戦

7/20(土) 21時半よりNachoアライアンスのみなさんとLowSecで交流戦が開催されました。

ONI Indsutry、Nachoさん合わせて総勢25名以上が参加。
Frigの部、CLの部、BCの部と3つのクラスに分けて各部8名のFleet戦です。

今回の企画はstepkunさんと先方Nachoのご担当者さまの主導によるもの。
(私はあいかわらずこういうことに一切絡むことなく参加だけはちゃっかりするという)
なにはともあれご両人ともお疲れ様でした。

交流試合終了後はTeamspeakで感想戦。
そしてお互いの会社についてだったりnullsec corpとしてのONI社がどんなものか等お話させていただいたりしました。Nachoさんの方々とは初めてお話させていただきましたがみなさん折り目正しい気持ちのよい方々でした。また何かあったときにご一緒できればなぁと。


=ONI Industry vs Nacho Alliance=(敬称略)

★第1部 Frigの部
ONI:Tristan Fleet + ロジ(FC:stepkun)
Nacho:Tristan Fleet + ECM

お互いECMを警戒し、まさかの同じTristan Fleet。ONI社のFCはstepkunさん。
違いはECMされてもなんとかなると考えたONI社はロジ艦。NachoさんはECM艦を混ぜてきました。
ECM艦がONI社のロジ艦を封殺し、近距離Fitだったと思われるNachoさんのFleetが高火力を叩きこみNachoさんの圧勝。

Result; ONI 0Kill / Nacho 3Kill


★第2部 Cruiserの部
ONI:Rupture*4 + Scythe*3 + Celestis*1(FC:Aqua)
Nacho:DPS*6 + Brackbird*2

ONI社は相手にECM艦がいることを想定してセンサーダンパー艦Celestisを導入。ECMをかけられる前に相手ECM艦のロックレンジを短くしてやろうという魂胆。私はロジ艦Scytheで参加。
対するNachoさんはECMで相手の艦そのものを封殺するという魂胆。
さてさて太陽でエンゲージしまして、ONI社のCelestisが予想以上の働きをします。ECM艦Brackbirdを完全に封殺。ロジ艦にECMが飛んでくることはありませんでした。
ロジ3隻によるの約500hp/s(EHPだと約1,000ehp/sくらいか)のシールド転送がDPS艦を守りONI社の勝利。

Result; ONI 5Kill / Nacho 0Kill


★第3部 Battle Cruiserの部
ONI:Hurricane*4 + Scythe*3 + Celestis*1(FC:Rollstone)
Nacho:Talos*3 + Oracle*2 + Tornado*1 + Brackbirad*2

BCと言えば火力特化のTier3 BC。使わない手はないと思ってたんですがうちのドクトリンはなぜかHurricane。ルール上縛りがあるのかなーなんて思ってましたがNachoさんのほうはおもいっきりTier3BCという報告がスカウトからあがります。オイオイどういうことだってばよーと問いましたならば、なんとONI社内の独自縛りとか。意味不明(笑)
こりゃ、負けたなーと思っていましたが、いざ接敵はゲート前、しかもセントリーを背負う形に。
しかーし、Rollstoneさんの巧みなFleet運用によって遠距離からボコスカ食らうという形は避ける事ができたことが幸いしONI社の辛勝。
途中BrackBirdを封殺しきれず、ロジ艦がJamられました。
Result; ONI 5Kill / Nacho 2Kill


私はロジ艦として第2部、第3部と出まして撮影してますのでパパっと動画を作ってアップしたいと思います。
いずれの場合もポカミスをしておりまして特に第2部においては、本当にしょーもないミスで危うく負けそうになりましたのでその模様をお伝えできると思います。お楽しみに。
それにしてもCelestisを導入すると決めた弊社のドクトリン委員会はなかなかやりおりますな。

Slicer vs Hookbill

 
CFCとの戦争を横目に時間の取れない私は久々にLowに戻り、Imperial Navy Slicerという誰も相手にしてくれなさそうな小型船に載って周辺システムを徘徊した。

Passari周辺をふらつくとMerlinが2居たが突っかかってはこない。
よほどモノを知らない初心者か、度胸のある野郎でなければ2隻とはいえSlicerとはエンゲージしたくはないだろう。人の悪い私は追っかけ回したが。

何の収穫もないままにPassariへ戻る。
スカウトも起動していないのでそこまで必死にエンゲージ機会を狙ってるわけじゃなかった。

戻り際、ふと、スキャンを回すとHookbillが映る。

プラネットVIIあたりだ。

ワープ。

しかし居ない。

スキャンを絞る。

どうやらセーフスポットのようだ。おそらくはディープスペースのSS。

ということは地元海賊の手練か。

SlicerにとってHookbill は Roket装備ならカモ。

Light Missile & TD なら死亡フラグだ。

妄想しつつ相手が動くのを待つ。



動いた。


スキャンを回す。

プラネットVI方向で映る。

Droneの残骸がスキャンに映る。

即座にオンボードを回しアノマリサイトを特定。

あった。

Droneサイトだ。


単なるアホか、

誘われているのか、

考える間もなく30km Backでワープ。


居た。

60km先。

遠い。

MWD点火。

突っ込む。

逃げるな、逃げるな。


ディスラプターオーバーロード。

ターゲット。

ポイント。

Scochを打ち込む。

反撃はなし。

Roket装備の鈍足(AB)Hookbillだ。

3,500m/s以上でオービットしてやる。

相手は何もできない単なる棺桶。



シールド貫通。

・・・

アーマーも貫通。

・・

Hookbill爆散。



gf?と私。

yeahと相手。


どこがだ、と思いつつ拾ったModをコントラクト発行。

PvE Fitかと思っていたが、完全なPvP Fitだった。


・・・


今日もどこかでPvPerが生まれている。

そんな言葉が頭の中をふとよぎる。


--


PvP日記のご所望があったので書いてみました。
面白い戦闘ってはなかなかないもんです。
Slicerなんて載るんじゃねぇ、全く仰るとおりで。


Missing of Titan Kill

 

Avatarを落とし損ねました。
逃げられたあとFleetはお葬式モード。

100名を超えるボイスチャットにも関わらず1分間の沈黙。
何をやるにしても楽しそうで船が落ち用が何をされようが、HAHAHAで済ませてしまう海外プレイヤーたちのここまでの落胆ぶりは初めて見ました。

動画をとっているので落ち着いたらまたお見せ出来ればと。



10月-月間100Kill達成

  Nyxをみんなで撃っていたので参戦

先月(10月)、目標としていた月間100Killを達成しました。
Total Kill数は300を超え、BattleClinicの順位も前回30,000位台→16,000位台へ。 
早いところ10,000位台きれるといいな。 

Kills:118 
Losses:5 
Damage done (ISK):30.54B 
Damage received (ISK):0.31B 
Chance of enemy survival:4.07% 
Pilot Efficiency (ISK):98.98%

100Kill達成前にNullに旅立ったので、NullSecでKillとれるかなぁと心配していたところに大戦闘があり、思った以上の数字となりました。

Akahukuさんに勝ってやろうと内心密かに思っていましたが、最後の追い上げで負けてしまい、Corp内では2位となりました。ちなみにAkahukuさんは129Kill。すげー。



Deimosを使い始めたり、WolfでDrakeを殺したり、1V-の戦闘に参加できたり、初めてMSのKill mailに載れたりでなかなか実りある10月でした。


余談ですが、ONI IndustryはBattleClinic上で2,500位台に。3桁目指したいなぁ。


Heild周辺


Heild周辺でよく見かけるPvPerたちが所属しているCorpとその拠点。


どのPvPCorpもここMorden Heathの他にも営業所を持っているそうです。
最近はGunpointから分派?したCalamitous-Intentってのが活発に活動してるみたいです。どのCorpもsolo PvPからFleetまで幅ひろくやってて上手いです。もちろん中にはカモもいて美味しくいただいておりました。


最近来たRussian communitiy of pilotは、うちのDrake単騎(PvP仕様)対してにCarrierをドロップしてきたんで、いつかけちょんけちょんにぬっころしてやろうと思います。
なお、周辺企業はこの突然きたロシアンを敵視しており、事あるごとにHroberまで挑発に行ってはロシアンどもを殺しまくっているそうです。


ロシアン以外のPvPCorpはまぁまぁ空気を読んだ(?)船で遊んでいるように思います。
※少なくともCarrierのドロップはない。持ってないだけかもしれないが。


なお、Heildには現在Stepkun他1名滞在しており、元気にFrig PvPを楽しんでいます。


--

海賊業のほうは昨日、2B近いRaven Navy Issueを2人で美味しくいただいて800Mのドロップを手に入れました。


これぞまさに海賊!

(下手に金策するより儲かるんじゃないか、とAkahukuさんと頷き合った瞬間でした)

日々是海賊

海賊しとります。

Last 7daysに撃ち落とした高額船。tengu! tengu! tengu!




soloでやったり、人がいれば一緒にやったり。
ちまたでは数云々と言われるPvPですが、それがすべてではないんです。



Noob CLに容赦なく襲いかかかるAS。



面白いエピソードがたくさんあって、ヒマなときが多いですけど楽しいです。

アノマリサイトで、Tengu(Hostile)にジワジワ近づくSFI(Friendly)。
SFIを通り越してTenguにタックルかけてくれるローグドローン。
SFIのスクラム圏外なのに、表示されたスクラムメッセージにはフイタ。
ローグドローン=Friendly。覚えておこう(笑)



DEDを攻略しているDrake2隻+マンティコアをDeimosとSFIでやっつけた。

その後同じ人がDrakeとIshkarに乗り換えて来て、
タックルかけてきたIshkarに夢中になっていると、Megathronが飛んできた。
おまいら、お仲間呼んできたのか(笑)Ishkarだけ食べてさよなら。


そんなこんなで。




--

今日、生まれたばかりの人がDDに乗ってアステロイドベルトにいました。
Frigで倒して卵までポイントしてHighSecに帰してあげました。

カプセルの中で死ぬ前にその人は、私にConv飛ばしてきて、参考までにあなたのFitを教えてくれと言うのですね。私は今乗っているFrigのFitを教えて、「go back hi sec」といい、僚機のNoob Ship(別名卵割り機)に「kill him」と告げたのでした。あとで考えると彼はPvPをしに来たのかもしれない。今は違っても、もしかしたらPvPerになるのかもしれない。そう思った私は5M振り込んだ。

"gf"、そうLocalで言うべきだったかな。

--

とか言う感傷は一切なし。
撃てるもんはなんでも撃っちゃうよ(笑)


Hawk vs Wolf + おまけ

Incursionで小銭稼いだら、すーぐFrig買ったりT1BC買ったりで、お金なくなります。
その日暮らしです。Frigの修理に困るくらいのその日暮らしは最高です。




鷹 vs 狼。

私はHawk(ホーク)。相手はWolf(ウルフ)。

Heildで漢字名のWolfが飛んでいたので追っかけます。見つけたのは自分のスカウト。
Kushanarで猛然と追っかけて3Jump先のシステムのアステロイドベルトでEngage。

アステロイドベルトのビーコンから150kmくらい離れて停船してやがるWolf様にAB(アフターバーナー)をたいて猛然と追っかけます。相手との距離が100km切ったところで、相手のTurretsを確認。AC(オートカノン)です。これなら勝てるカモカモ。とさらに距離を積めます。
30kmくらいのところまで詰めたときWolf様おもむろに動き始めます。こちらの速度に微妙に合わせているので、ゆっくりと距離が詰まります。20kmになったとき、Disruporが飛んできまして相手はどうやらBarrage弾でOut Rangeするタイプの模様。逃げつつ撃ってきます。

この戦闘、デジャブを感じる。

その昔、私がWolfに乗ってHawkにやられたことを思い出します。
そんとき私もOut Range Wolf。Out Rangeできずに負けた後、相手に「Wolfはレンガの如く重い」と言われたことを思い出しました。


つまり、捕まえれば勝ち。


どうやって捕まえるか。


相手をLook atして進行方向を確認します。
太陽にアラインしたり相手に向かって言ったりとゆさぶりをかけますがオーバーロードしないABでは追いつきません。と、ここで、片方のASBの電池が切れたんで一旦撤退。Scrum圏内に入るのが怖いらしく、しつこくは追ってきません。再度体制を整え奴の待つアステロイドベルトへ。


奴を見つけてから既に30分以上経過。


こんどは300km離れた位置にいやがりますので、またABをたいて猛然とアプローチ。
20kmに近づくとDisruptorが飛んできます。相手が逃げないと踏んで私はここであえて太陽へアプローチ。あっという間に60kmくらい離れます。これを何度かやって相手をじらすのが目的。再度アプローチ。離脱。アプローチ・・・

タイミングがやってきた!と思ったのでABをオーバーロード急速反転。相手の進行方向がまだこちらを向いているので距離がどんどん詰まります。15km, 14km, 13km, 12km !
Webをかけ、速度が低下した相手にすぐにScrumもかけます。相手のACが火を噴き、痛い痛い。でも捕まえればこちらの勝ちのはず!

Missileをオーバーロードして叩きこみます。ASBもフル回転。


ん?Armorなんか硬い。でも見てる他ありません。
つーか距離近すぎでAC痛いじゃん。


でまぁ相手をじりじり削ってなんとか勝利。ASBの電池あと2,3個でした。


っていうかABのオーバーロード止め忘れてMedのModがScrum,Webを除いてすべて焼き切れてるって言うね。あぶねー。


ここまでで彼を見つけてトータル約1時間くらいかけた戦闘が終了しました。Killborad
(Outrangeなら200mmつけたら重くなるだろうに・・・)


戦う必要なんて全くないのに、こうして落とし合う日々。
なんの意味があるのかはわかりませんが、エキサイティングであることは確か。
勝てばうれしいし負ければ目茶苦茶悔しい。

そんなLowSec Region、Molden Heath。いろんなドラマが待ってます。







以上、Molden Heath ONI振興協会の提供でお送りしました。
(Assault Ship使っての初勝利だったんでちょっとうれしかったんですね)







おまけ。


--
勝った戦闘。

ThrasherさんがいたのでHookbillさんで突っ込んでHull残り70%で勝ちました。あぶねー。Lootすると売春婦が入っていてですね。相手が言うわけです。「おれの女で楽しめよ」と。下ネタ全開ですよ。で、私が楽しんだ後(楽しんでませんよ、もちろん)「おれの穴を売ってくれ」と。まぁ売ってもらわなくてもいいので、すぐTrade出してAcceptボタン押してたらですね、なんと10Mの値段つけて買い取ってくれたんですね。売春婦はよっぽど相性がいいんでしょう。敵探してる以外は暇ですからね、カプセルパイロット。ギシアンしてるんでしょうよ。


--
負けた戦闘。

Thrasherに無敗のHookbillさんですが、負けましたよと。

200mmAC(オートカノン)+ MissileのTharasherだったんですけどね。
操船甘くて、Engageタイミングで大分食らってしまいました。Dual Webで距離を取りますが時すでに遅し。相手はDisruptorでこちらのScrumが切れた瞬間MWDで追ってきて、Barrage 弾をバスバス撃ってくるし、Missileも痛かった。毎度毎度Engageタイミングで食らいすぎているので、操船頑張らないとナァ or Fitも見直したほうがいいかもナァ。

戦闘に入ったのは2回目のEngageだったんですが、1回目は、元IVYの方がAmarrのDDで200kmくらいに位置取りされてたんで、Thrasherと戦闘開始したと同時に突っ込まれたらやだなぁと思って避けたんですね。Thrasherとの2回目の戦闘が終わったあと、彼からConvが飛んできて、「(Localにいる)あいつとあいつはいつも一緒にいてGang組んるから気をつけなさい。私はあなたがGangしてこない限りsoloで戦う気はないから」などとご丁寧に教えていただきました。ありがとうございます。

 =>と、思ったらStabber Fleet IssueでBSラッティングしてるところを襲われました

あとはArty(アーティラリー)Wolfでボコーンってのもありました。
Turrest確認怠った結果がこれですよ。よい子のみんなは戦う前に相手のTurretsをLook atして確認しようね。それで大体Fitもわかります。


--
引き分けた戦闘。

JaguarさんにHookbillで挑みます。

Take1(前に何度かボコしてる相手)
余裕で殺せる〜とぶっこいてたら、Scrumをオーバーロードし忘れて逃げられた〜。
さすがAS最速Jaguar。

Take2
さすがにプロのJaguarはつえぇ。Scrum圏内でのOutRange戦法に対抗するためにちゃんとBarrage弾を使ってきます。やっぱり最初のEngageでRange間違えて早々に撤退。

Take3(Take2と同じ相手。)
Rangeも最適なはずなのに、なぜなぜ、届くんだ!相手のShield抜けそうなところでこちらもHull入ったんで撤退。あとで計算するとね、AS Lv5だと届くんですよ。8,000m+αくらい。ということでTD(トラッキングディスラプター)のスキル本をさっそく購入しましたとさ。Scrumをオーバーロードして10.5km圏内で戦うってのもあるんですけどね。Jaguar早いから逃げられそう。



うん、そろそろ、Fleet戦もやってみよう。
pew pew

 
あいかわらずsolo frigを楽しんでします。
Heildでもkushというニックネームで呼ばれたりするようになりました。


Battleclinic上の順位は43,000代。
気にしてはいませんが、上位を目指すこともまた目標になるんではなかろうかと思います。


老舗CorpからベテランPvPer(といってもスキルポイントは私より低いので、やはりスキルポイントがPvPの決め手であるわけではないんですね。)が入社してくれたのと、他のメンバーもsolo frigの楽しさに目覚めたようで、KillBoradが華やかになりつつあります。



Killboardには載らない戦いが結構あって、危なくなったら逃げることもできるようになってきました。Hookbill(私) vs Dramielとか。



昨日面白い戦闘ができましたのでご紹介。


Incursus(私)vs Rifter + Rifter + (Jaguar)



Heild人にいなかったのでBosenaに行くとRifterが2隻、オンスキャン。

ステーション前で待機して確認するとどうやら同じ会社の2隻です。

暇だし死んでもいいのでチャレンジしてみようと思いまして太陽へワープ。

太陽へワープしてから間もなくRifterがやってきました。

増援のRifterが来る前にこのRifterを落とせば勝機はあります。

このときはまだ増援RifterはNo Visual。しかしLocalには確実にいます。

No Visualということは14AU以上離れているため、ワープインしてくるまでの時間には少し余裕があるはずです。


目の前のRifterに対して、Web圏内に入ったのでWeb、すぐにScrum。

手早く沈めるためにTurretsをOverload。

戦闘中もD-Scanを回します。

そして、案の定オンスキャンする増援Rifter。

舌打ちするも、思ったよりEngageしているRifterがやわい。

気づくと、Nuetを食らっていましたが、なんとか増援Rifter到着と同時に沈めました。

Capを除けばまだ余裕。

そう思っていたらなんと増援RifterはECMをかけてきました。

がんがん減るArmor。

距離を取ろうとしても相手はWebをかけてきている状態のため相対速度は相手のほうが圧倒的に上で逃げることができません。

RiperをOverloadし残り少ないCapで何とか回復しますが、遂にHull50%まで食い込みます。

そこでECMから回復。

Turretsをぶち込みつつ、Webをかけ距離を取ります。ABもOverloadです。

さすがECM Rifter、やわらかい。

こちらもArmorが常時ちょろっと回復してはHull入りを防ぐ感じでギリギリで、

もう逃げることしか頭にありません。Heild Gateへアラインします。

しかし、なんとここで形勢逆転。相手のHULL残り40%にまでこちらのDPSが届きます。

そのとき、増援Jaguar様がご登場。さっき落としたRifterパイロットです。

このときの距離関係、私から、Rifter 10km、 Jaguar 24km。

引き返してRifterにとどめを刺すか?

否、Jaguarのスピードをなめちゃいけない。

自分のTurretsが届く距離まで戻ったら確実に捕まってしまう。

Rifterは殺せますが、Jaguarに捕まることは必至と考え、そのままワープアウトしました。

ちなみにグローバルクリミナルフラグは相手に立っています。

あとでKillBoardを見ると1隻目のRifterもECM仕様だったみたく、

もし、Rigが刺さっていたら増援Rifterが間に合ってECMがかかっていて間違いなく負けてたでしょう。


非常にエキサイティングな戦いで、自分なりに引き際の判断もよかったので非常に満足いく1戦となりました。



---------------------------------------


たかだか10M程度でこれだけ楽しめるPvP。


Heildへ是非お越しくださいませ。
(そして、できればsoloでお越しくださいませw)




Thrasher vs Thrasher

どう見てもMinmatar ShipばかりのKillboard。


  Oh... Punisher

これだけでもMinmatar ShipがPvPでよく使われているという事実の裏付けの1つになるんではないでしょうか。そんなことはないですね、場所柄だと思います。

とはいえ、この辺のPvPにおいてMin Shipが好まれる理由(Solo)がわかったような気がしました。(もちろん、各国の特性を活かしたFitやそれを覆すような奇抜なFitがありますので、AmarrやCaldariじゃPvPはダメだとかそんなことを言うつもりは毛頭ないことをご理解ください。ええ、きっと場所柄です。)

私が思うMinmatar Shipが好まれる理由:

Tankが読めない
Minmatar ShipはMed SlotとLow Slotのバランスがよいため、Armor TankなのかShield Tankなのか事前にわかりません。TurretsはAutoCannonかArtyかならば、Look Upしてわかるんですが、何でTankしてくるかだけは読めないんです。
HurricaneやStabber Fleet IssueはShield Fit Out RangeやガチガチArmor Tankといったどちらでも運用できる良船です。


弾の種類を変えられる
ご存じの通りProjectileはAmmo(弾)によって攻撃属性を変えることができます。
CaldariやGallente、Amarrならある程度、Tankを予測できますので、CaldariならEMP弾GallenteやAmarrならExp弾をあらかじめ接敵の前にセットしておきます。
しかし、Minmatar Shipだけはわからないんですね。Ammoの切り替えには10Sec必要になりますので、その間のDamage量の差は馬鹿になりません。Min相手に限ってはTher弾やKin弾が無難なところになるんでしょう。(私が知らないだけでPhased Plasma一托なのかもしれません)


以上おそらくは海外PlayerのBlogの隅に書かれている内容でしょうし、PvPerたちの常識だと思います。

Missionはあらかじめ敵の弱点や攻撃属性が分かっているため、自分の乗るShipのFitをきちっと考えることに適しています。

PvPはさらにもう一歩進んで相手のFitを想像する知識量と経験が必要になってきます。ですので、私の場合、自艦のFitではなく、相手のFit(Rangeだったり、Speedだったり)を想定するために、EFT(EVE Fitting Tool)の前でにらめっこが耐えず、この想定する時間が楽しかったりするんですね。はまった時の喜びはひとしおですし、悩んだ挙句もうわけわかんねーよと言ってStationを飛び出し殺されに行くことも多々あります。

さて、Thrasher vs Thrasherのお話。

ここ数日、とある海外Playerに付きまとわれていて彼が結構Crazyなんですね。
Localで「誰でもいいから撃ち殺したい」とかのたまわれて、Thrasherでウロウロされています。私も3度、Hookbil、Thrasher、Thrasherで挑みましたが、2度は際どい所で私がWarp out、1度はArty Thrasherの乱入で即座にWarp outしました。

彼は2011年に始めたアカウントで、おそらくは戦闘一筋(SSは見事に-10.0)。そうすると、スキルは特化、Fitも操船も相手の船の特性も頭に入っていて、やっぱりうまくなるもんなんだなぁと思いました。

話がそれましたがThrasher vs Thrasherってホント勝負が一瞬でついてしまうので際どい。FGの2倍以上のDPSと脆い装甲しかできないSlot数のためです。

相手を確実に仕留めるならAB, Scrum, Webiは欲しいところです。しかしそうすると鈍足Armor Fitになってしまいます。相手がShield TankのMWD Fitだったら、互いに長射程のBarrage弾を撃ちあったとしても、こちらのTankはBarrage弾に弱く、相手はBarrage弾に強いのでこちらが抜かれてしまうでしょう。(実際そうだった)

その時彼がうまかったのは、Barrage弾でこちらのShieldを抜いた後、近づいてScrumをかけて来たこと。そしてDmage半端なく入ってしまう私はWebとABですかさず離脱。彼のタックルのやり方は当たり前なんだけど難しい。私のFitにも問題があるようなのでもう少し研究を楽しんでみようと思います。


最後に、Killboardを見ていただくとわかる通り、1v1が多いですが、別にスポーティにやってるわけではありません。「no rule」がLowSec。単に私がFleet戦(Engage含め)苦手なだけです。(Soloなら死ぬのは自分だけなので気が楽)
vs T1 Frigate

Frill Seekers Wallpaper
Vagabond のフリルComeBackキャンペーンはまだやっているようです。
元ネタ:EVEOGANDA


Kushanarです。

LowSecに常駐するようになって、最近やっとKillが取れ始めました。
今いるSystemの特徴もつかめてきて、Scoutの配置をうまくるすることで相手の艦種がわかった上での出撃で勝てるようになってきました。

RifterならAutoCannonかArtyかは見た目でわかります。
あとは艦種に合わせて出撃する船を選んだりちょっとFitを変えたり。

特に深夜の友人のアドバイスは金言珠玉だし、自分でも暇なときはSoloのKillBoardを見て艦種相性の参考にしたり、実際にEFTでFit組んだりしています。

でもやはり最初のころは全然、Engage(接敵)ができない。
半年くらい前、Slicerで飛んでいたころも大分Engageには苦労しましたが、今はのコツのようなものがつかめてきて、楽しく遊んでいます。

今遊んでいるのはT1FGによる1v1です。
初めのころはEngateしてもターゲットを忘れていたり、Droneを出し忘れたり、Ammoの種類も考えず撃っていたり、Modを焼き切ったりしていましたが、やっと、落ち着いて戦闘できるようになってきました。

ようやく、T1FGの4カ国艦のFitや戦い方、弱点みたいなものが頭に入ってきたので、もう少ししたらRocketsをT2にして、その後AS(Assault Ship)を運用してみたいなぁと思います。

ASの中でもJaguarやWolfのFitは様々なものがあって見極めるのには相当時間がかかりそう。よくASやNavy/Pirates Shipも飛んでいるんですが、手を出せないんですよね。
運用するにはお金もかかるのでよりたくさんの動画やKillboardを見て研究して、友人にもアドバイスをもらい・・・しないとですね。

その方面へ手を伸ばせばさらに戦闘機会が増えるはずなので楽しくなりそうです。

そして、慣れてきたらCLのSolo、BCのSoloと大きな船にしていきたいです。
Fleet戦もやりたいんですが、いかんせん艦種とその特徴、Fit、弱点が頭に入ってないのでなかなか的確な指示がまだ出せないなぁと自覚しているので、まぁ少しづつ失敗しながらですね。Corpのメンバーには迷惑かけてしまうけれど(笑)


そうそう、昨日、Memberの一人がCLでHoundを殺しました。
自分もまだFit組んでないんですが、対AS用CLFitってのがありましてそれをお勧めしました。それに食いついてきたのがHoundで(笑)なにはともあれ、初Solo Killおめでとう。
その前にWolfにCL食われてたんですね。で、なぜ食われたのかを元にFitを見直してもらって殺せたわけですから、1Lossと1Killで相当いろいろ学べたのではないかと。

MemberがKillをとることは自分が殺すよりうれしいかもしれない。
Memberとともに切磋琢磨してPvP強い会社にしていきたいですね。


最後に。dual Rep Incursusの殺す方法を思いつかない。
dual Rep Incursusもこちらが操船を間違えない限り殺せない。
ちまちま10分くらい撃たないと沈まないとかありえないので、今度見かけたら2v1でもいいから殺すことにします。

タイミングよくNeutするか、DPS上回らないと殺せないんだよなぁ・・・

EVE online Blog