スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ONI Industry新ロゴ | main | CEO退任のご報告 >>
S2N

色々なことがありまして果たして何から書くべきか。


Roll氏が秀逸な記事を書いていました。


自由とはすなわち状況のコントロール。
自由だ、自由を獲得するんだと私が声高に叫んでいても、このCFCの自由さ加減と比べれば、月とすっぽん。しかし、我々は所詮その程度である、という前提に立った時、逆説的な発想により我々は新たな楽しみに取り組むことができます。



前回記事の反応
前回記事を読んでくれた方々からIN Gameにてコンタクトを頂き詳細ご説明させて頂きました。パートナーシップ云々というよりも反応があったこと事態が意外でもあり嬉しく思いました。SOVの件は否定的な見方で書かれていますがSOVを持つこと、持たないことのメリット・デメリットを明確にすることで、新たに進出するであろう企業が現状のCorp運営を加味して意思決定できるようにしたかったんです。私が海外アライアンス所属派なので多分に主観が入ってはおりますが。いずれにせよ、日本人コミュニティがSOVを持ってそれを維持運営していくこと事態に、JP全体の底上げという部分で大いなる意味があり、彼らの経験は今後必ず役に立っていくことでしょう。NullSecにおけるJPコミュニティの現在のステータスは、ようやく一人で立ち上がれるようになったかな、というところ。まだまだ先は長く、強力なリーダーシップを持った人間が現れ、海外アライアンスの主戦力として経験を積んだ企業がおり、SOV運営の知識、経験も十分となった時初めてJPの統一という一大イベントが発生するのでしょう。果たして私はその日までプレイしているんでしょうか。



S2Nへ
Nexus FleetからNulli Secundaへアライアンスを変えても我々のやることは変わりません。変わりませんが着実に、一歩一歩前進しています。そして一歩一歩前進しているのはJPプレイヤーにも言えることです。ここ数年でPvP企業は飛躍的に増え、R2RさんのTEST加盟を皮切りにRunsさんの-AAA-加盟、そして我々(偶発的では有りますが)もまたS2Nに加盟する運びとなりました。JPを代表するアライアンスであるCaladriusさんもSOVを堅持し意気盛んに活動されています。



Mugen Industryの功績
現在続いているNullSec進出企業のほとんどはMugen Industryの流れをくんでいます。Mugen IndustryはJP屈指の海賊Corpとして数年間有名を馳せ、MS含むCapital Shipの運用も活発に行われていました。彼らはその終盤Tricell Coalitionを形成しNullSecへ進出。Red Allianceの元で活動されていました。色々な事情があってTricelからその事業を引き継いだといえるのがCaladriusさん。崩壊したTricellから海外アライアンスに所属するという選択肢を選んだのがRunsさん。そしてRunsさんのお陰でNull進出を果たしたONI Industry。我々もまた先人達の活躍があってこそ現在があり、彼らの功績に恥じぬよう着実に発展させていると言えるでしょう。弊社について言えばまだまだ発展途上であり、S2Nへの加盟を果たしたとはいえ、ここからがまさにスタートライン。



RivoさんがPOSを撃つというので
単独でのCapitalの運用経験が少ないのと、数もそこそこ揃ってきたというのもありHadozeko周辺のPOSをCapital導入して撃つ企画がありましたので参加してきました。結果、S-POSを15分そこらでリーンフォースに入れることができましてなかなかよかったと思います。Hadozeko周辺には「Shadow」という勢力の大きなアライアンスがおりまして、その日も念のためRivoさんが彼らの拠点システムにスカウトを入れていました。リーン入り直前Rivoさんから「Nyx 3 on scan」との報告があがりまして一同「さすがShadowさん」となったところで丁度POS撃ちが完了し無事撤収。これからはMSの時代やね、と感想を申し上げたところ、(CVやDN飛ばして)いきなりかい!と突っ込みを頂きました。よくよく考えてみればCorp VS Alliance なのでそもそもおかしいんですけどね。Fleetはスカウトを含めて37名とONI社の最高参加者数記録を更新。


補足-S2N加盟経緯:

3/19 Nexus解散報受ける。S2NのMr Majestic氏とコンタクトとる。
3/23 Alliance全体へ解散通達。
3/26 Roll氏の営業活動が功を奏し、S2Nから加盟にあたっての質問状が来る。
3/27 agurina氏が取りまとめて回答。
3/29 S2N評議会にONI Industry加盟の議案が提出される。(内定)
3/31 賛成30、反対0でONI Industryの加盟が確定。
4/1  stepkun氏による謀反。
4/2  S2N加盟。

なお、経緯は随時Rollstone氏からメンバー全員へ共有されており、特段の混乱もなく加盟に至りました。
加盟にあたってはRollstone氏の営業力もさることながらKillboardを賑やかし続けた、私を除くONI BROSの活動全般が評価されたのだと思います。この素晴らしいONI BROSと共に宇宙を飛ぶことができて私は誇りに思います。そしてこれは敢えて書いておきますが、私は何もやってません!




 
スポンサーサイト

COMMENT









Trackback URL
http://kushanar.jugem.jp/trackback/274
TRACKBACK
EVE online Blog