スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< C4攻略日記(5月21日) | main | C4攻略日記(5月22日) >>
Wormhole



初心者による初心者のための初心者講座。

(そんな解説で大丈夫か?)
(大丈夫だ、モンダイナイ)
(こちらもどうぞ >> 詳説 Wormhole

目次
1.Wormholeでの儲け方
2.Wormholeのサイズ
3.Wormholeの現時点でのサイズ確認方法
4.Wormhole K162が表す意味



1.Wormholeでの儲け方

1-1.サイト攻略
Classにもよるが、単位時間/一人当たり100M越えるか越えないかくらい。
基本アウェイでの攻略。ホームでの攻略はサイトが沸くスピードが遅いため、メインの収益とはなりずらい。HighもしくはホームからWomrholeを探索して攻略に向かう。

・メリット:収益効率が高い。
・デメリット:-1.0Secなため、常にPvPの危険が伴う。ある程度の知識、経験、スキルが必要。場合によっては人数も。

・儲かる要因
Wormhole内にある、各種サイト(Anomaly、Radar、Magnate)にいる、Sleeperという敵から「Melted NanoRibbon」と呼ばれる、T3船材料をサルベージできる。Wormholeでしか採取できず、採取できる数が少量のため1個6M程度で取引されている。

1-2. PI(惑星開発)
自社POSを建設しているホームのみで行える。眠っている裏キャラなど、複数キャラを導入することで収益化できる。うまくやれば3キャラ(メイン、裏、裏)で800M/月。1日にかける時間は30分程度。「Crucible」アップデートから、NPCカスタムオフィスの利用税率が高額(17%程度)になったため、これを破壊し、自前のカスタムオフィスを設置することで税率0%運用が可能。カスタムオフィスはMPOS程度の耐久力。

・メリット:かなり効率のよい収入源となる
・デメリット:輸送が手間。要POS管理。



以下の説明はある程度Wormholeに接してる人向け。概要はJPWiki見てね。


2.Wormholeのサイズ

WormholeのサイズはOverviewに表示される番号でわかります。
各番号における、最大通過可能重量および1回あたりの通過可能重量、寿命は本家Wikiにまとめられているのでそちらをご参考に。ほとんどの場合がK162だと思いますけどねー。


3.Wormholeの現時点のサイズ確認方法


Wormholeは2種類の原因で消滅します。
 I.生成から規定の時間が経過した場合(time)
II.通過重量が規定の重量を超過した場合(mass)

はい、それでは調べ方。

Wormholeを右クリック -> Show Info

はい、ポン。

ShowInfo

上図の下部の2つのメッセージに注目。

This wormhole is beginning to decay. and probably won't lest another day.
(このワームホールは崩壊し始めてるぜベイベー。もう1日はもたないぜ。)
→寿命を示すメッセージ

This wormhole has not yet had its stability significantly disrupted by ships passing through it.
(このワームホールは、通過重量が少ないからまだ安定してるぜ、ベイベー。)※超訳
→通過可能重量を示すメッセージ

こういったメッセージの太字部分と、本家Wikiでだいたいの残りの穴の大きさがわかります。
纏めると↓のような感じでございます。

【寿命】
"Life cycle has not begun"
- 今見つけたばっかり。

"Probably won't last another day"
  - 寿命の25%はもちますよ。まぁ普通の状態です。

"Reaching the end of its natural lifetime"
- 寿命の25%未満。いつ閉じるかわかんないよ。


【通過可能重量】
"Has not yet had its stability significantly disrupted"
- 総通過可能重量の45%はもちますよ。

"Has had its stability reduced, but not to a critical degree yet"
- 総通過可能重量の45%未満ですよ。お気をつけ遊ばせ。

"This wormhole has had its stability critically disrupted by the mass of numerous ships passing through and is on the verge of collapse."
- 総通過可能重量の5%未満。ヤバイよ、ヤバイよ。


4.Wormhole K162が表す意味

K162には近づくな・・・。これは有名な格言です。

例えばあなたがHighSecでWormholeを探索により発見したとしましょう。
発見後、喜び勇んでWarp。Overviewに表示されるWormholeがK162だと、
サイズとどこへ繋がっているかわかりません。
よってあなたは、調査のためにWormhole内に侵入します。

そして、Wormholeの住人はそんなあなたをHighSecへは2度と返しません。(実話

どういうことでしょうか。

K162というWormhole、侵入すると反対側ではちゃんと番号が付いています。
これはWormholeの生成と関係しています。

探索により発見されたWormholeがだれも知らない(だれも通過していない)Wormholeだとします。
発見されたばかりのWromholeは入り口から見ても出口から見ても番号が付いています。※
通過されて初めて一方がK162という番号に変わり、この時初めてWomrholeが生成されたと認識されるようです。このとき、通過者にとって出口側になるWormholeの番号がK162となります。

Wormholeの住人はHigh等に通じる出口は常に把握し、燃料を運んだり外に遊びに行ったりJITAで買い物をしたりしています。Wormholeが消える時間を把握し、なくなったらすぐに探索して見つけます。(Wormholeの寿命はだいたい24時間)

つまり、住人が内側からWormholeを特定し、どこに繋がっているか確認するために通過することでWormholeの外側の番号がK162となるのです。

言い換えれば、外側の番号がK162のWormholeは住人が位置を把握し、侵入者に対してなんらかの備えがある可能性があるわけです。

Wormholeの内側でクロークして侵入者を常に監視しているかもしれません。
カモだと思われた侵入者に対しては、出口を封鎖して逃げられないようにして煮るなり焼くなり好きなように調理するわけです。



冒険家の皆様、お気をつけて。Wormholeでお待ちしております〜^^/


※説明の便宜上「生成」としましたが実は存在していない?!
スポンサーサイト

COMMENT









Trackback URL
http://kushanar.jugem.jp/trackback/43
TRACKBACK
EVE online Blog